FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

さつてん7話感想


どうも。とある事情と、ちょっとリアルがバタバタしてまして更新が遅れました、すみません。


先日、さつてんのニコ生一挙放送があって、そこに流れてきた千管さんの過去出演作のコメント。
声優さんには詳しくないのですが、ずっと千管さんの名前に何か見覚えがあるような感じはしてて、ようやくその理由が判明。
千管さんは過去に「SHIROBAKO」のずかちゃん役として出演していたとのこと。

……。
えええ―――!!あのずかちゃん役の人だったの!?
と、今更ながら思い出しまして……
「SHIROBAKO」も昔見てて、あのずかちゃんの中の人がレイチェルだったとは……と新たな新鮮さや驚きもあったのでした。

そんなこんなで7話感想。

前回、自らお腹を切ったザック。
その出血により、エレベーターの中で気を失ってしまう。
B2フロアに着くと、ザックの体を引きずってひとまず壁にもたれかけさせるレイチェル。
ザックが気が付くと、目の前には心配そうに表情を歪ませたレイチェルの顔が。

「レイ、お前……なに変な顔してんだ……?」

このセリフ。
ザックが今まで、誰かにこういう風に心配されたことがなかった、っていうことを端的に表してる描写に見えて、なんだか切なくなってしまった。
そのまま思わず手を伸ばそうとして……そしてもう一度気を失ってしまう。
お前……手を伸ばした後、何をするつもりだった?頬でも触るのか、頭でも撫でる気だったのか。言え。

ただ気を失ってるだけのようだが、ザックをこれ以上運ぶのは少女のレイチェルには厳しい。
少し考えた後ひとまずザックをその場に待たせ、薬か何か探しに先へと向かう。
フロアの先に進むと、そこは今までとはまた違った不思議な現象が起こるばかりの場所。



むせかえる甘い香り。
壁や鏡にひとりでに浮かび上がる血の文字。
そこでの、探索パートのうちの一つの謎解き。
レイチェルはとある鏡の前までたどり着くと、そこにも浮かび上がる文字が目に入る。

“己の姿をしかと見よ。生け贄か、迷えるものか”
“ただ神が望むのは、偽りのない姿である”

「どういうこと……?私が映ってる。ただ、それだけ……」

レイチェルがそう呟いた途端、鏡がひび割れ、そのまま割れてしまう。

「己の破片を手にし、己を知れ……」

鏡が割れる直前に浮かび上がった文字を反芻するレイチェル。

——ここは懺悔の間だ。罪を吐き出せ。それがわからぬのなら、引き裂いて、引きずり出せば良い。

その次の瞬間、割れた破片を手にし、その部屋にあった絵を切り裂く。
その後現れる羊の家族の絵。
その絵から現れる、レイチェルの家族と思わしき姿。レイチェルの頬を撫でて、呼び掛けるその声に対しても。

「……どうでもいい。私が今やらなきゃいけないのは、ザックを助けること」

そう言い、顔色一つ変えずにその絵をも切り裂いていくレイチェル。
どこからともなく絵から悲鳴があげられて、そこから血が溢れ出す。
罪を吐き出す……、何かを考えこみながらそう呟くレイチェルはこのフロア内で拾った瓶の中にそれを注ぐ。
それらを使ってなんとか謎解きを終えると、辿り着いたのは一台のピアノが置いてある教会らしき場所。その背後から現れる、謎の初老の男。

「——君は、誰だ?」



そう尋ねるその人はB2フロアの主、そしてこの教会の神父様の、グレイという者らしい。
止血剤を探しているというレイチェルに、ダニーのフロアになら薬が置いてある可能性があると言う。ザックと乗ったエレベーターは上行きのものしかなかった。どうやって下に……?と問いかけるレイチェルに、私と共になら戻ることが出来るというグレイ。
どうやらこのグレイという人物はこのフロア内を自由に行き来出来て、元々ザックをこのビルに呼んだのもグレイ自身だという。
加えて、グレイは一つの提案をする。

「ただし行くのであれば、君に少しばかりの試練を受けてもらわなければならない」
「難しいことではない。君が何者か知りたいだけなのでな」

試練?
その言葉に躊躇するレイチェルだったが、一度ザックのところに戻り、必ず役に立つという約束をし、ザックのとあるお願いを聞くと再びB2フロアまで戻り、試練を受けるとグレイに告げる。


グレイと共にエレベーターを降りるとそこはB3のフロア。
試練はダニー先生のフロアに行くまでに、それぞれのフロアでも行われるらしい。
牢獄にある、エレベーターを動かす電源を入れてくる。試練達成への条件はこれだという。
ザックを助けるため——、そのために急いで電源まで向かうレイチェル。
そんな彼女の行く手を阻むのは、牢獄にいる、後悔と救済を求める罪人たち。

——ああ。邪魔だな。



ふと、そんなことを思ったレイチェルは、キャシーが以前操作していた機械の前までたどり着くと、おもむろにそれを操作し始め……

「お願い。……私の邪魔をしないで」

容赦なく、罪人たちを撃ち続けるレイチェル。


原作ゲームの序盤からわかってたことだけど、レイチェル、やはりどこか闇を伴ってる子なんだよな。
最後の表情がもう……
今回グレイの登場、PVにも登場してなかった分、めっちゃくちゃ楽しみにしてた!やっぱりイメージ通りで嬉しい~
この記事の序盤と一緒で全く関係ないんだけど、大塚さんが出演されてたアニメで最近見たやつ何だっけ……とふと思い返してみたらまさかのポプテピピックだった。

PageTop

さつてん6話感想


時は遡って、ザックが子供だった頃。
静まり返った施設の一室の中、ザックは一人スプラッター映画を見ていた。
無残に切りつけられる人たち。飛び散る返り血。
それを眺めながらザックは不敵に笑っていた。

「……なんだ。こうすりゃあ、いいんだ」




「今だけ、オレに捕まるな」
新たな約束を聞いたレイチェルは薬で正気を失ったザックに捕まらないように、必死で逃げ出す。

——逃げなきゃ。
あの時とは違う。私が生き延びるためじゃない。
ザック自身のためにも、今だけザックに捕まらない。



ザックを振り切り入り込んだ一室は行き止まり。
追いついたザックに鎌を突き付けられるレイチェル。
ここまでかと諦めて目を閉じたその時、突如銃声が響き渡り、腕を撃たれたザックはその場に崩れ落ちる。
いいところを中断しちゃってごめんなさい。ここは銃の刑罰の部屋だから撃ってあげたの、と言いながらキャシーが現れる。
その名の通り、その部屋はレイチェルとザックの周りをたくさんの銃が取り囲んでいた。

「とっても愉快だったわ、あなたたちの仲間割れ。特にザック、あなたはとっても模範的で理想の罪人ね!あがいたところで結局衝動を抑えきれないところなんて、ほんと素敵」

惚れ惚れした様子のキャシーに、ザックは苛立ったようにキャシーに鎌を向けようとするが、強化ガラスによって跳ね返されてしまう。

「ザック?どうしちゃったの?相手を間違えてるわよ」

そう言い、レイチェルに一つの拳銃を与えてやる。

「さあ、戦い合いなさい。そして、生き残った方をもっと素敵に断罪してあげる!」

そうすることに対する意味の有無に違和感を感じるも、レイチェルはおもむろに拳銃を拾い上げる。
そのまま立ち尽くすレイチェルに「撃つなら早く撃てよ」と未だに薬の影響に体を震わしながらも鎌を突きつけるザック。

「お前が撃たなくても、オレは我慢できねえぞ」
「私は撃たない」

一度向けた拳銃を下に下ろすとそうきっぱりと答える。
レイチェルの手を掴み、「撃つなら撃てって言ってんだろ⁉この距離なら間違いなく当たるんだ」と自分の胸に銃を当てさせるも、レイチェルは首を横に振る。
…空気読まなくてすみませんですが、緊迫した状況にも関わらずここのシーンでおもっくそときめいてしまった。

「何度聞かれても同じ、ザックを撃たない。これは私の意思」
「ザックに切られるのはいい。でも、あの女の思い通りになんかならない」

…レイチェルぐらいの年の女の子がわりと年上っぽい女性に向かって「あの女」って…なんか……いいよな……。

「だって、私もザックも“道具”じゃない——」
「切るのも切られるのも、私とザックの意思だよ」

その言葉に、ザックの脳裏に幼少期の自分の姿が思い起こされる。
そして顔を手で覆って笑いだす。

「ああ、もう我慢できねえ。なあせめて笑ってみろよ今!」

そうして見せられたあの時のような、あの時以上にも見えるレイチェルの笑顔に、ザックは何かを堪えるように下を向き「……下手くそ。ほんと目が笑ってねえんだよお前」と呟く。


「でもな。それが本物になったら最高だ。そのお前を斬る想像をしただけで、オレは誰よりもいい笑顔になれるぜ?」
「自分をやっちまえるぐらいにはなあ!」


そう言い、突如自分のお腹を切り裂くザック。
その場に倒れ込むザックにレイチェルは目を見開き駆け寄ったところへ、「はあああ⁉」と声をあげながらキャシーがその場に下りてくる。

「ああおぞましい。模範的なんて間違いだったわ!レイチェルは罪人のなりそこない!ザックは欲望に駆られて自分で自分をやる程愚かだなんて、失望したわ!」

断罪に水を差したあなたは本当につまらない人間ねレイチェル!と詰め寄りつつも、仕方なくレイチェルを断罪しようとしたところへふと聞こえた、ザックのうめき声。

「あらやだ!生きてるじゃないの!」
「……ザックを断罪するの?」
「ええ!だってこんな素敵な罪人を断罪するのは、私しか有り得ないでしょう?」

そう言いザックを踏みつけながら高笑いするレイチェルにふと、“とある記憶”が脳裏を駆け巡る。

——だめ。
ザックに手を出させない。
だって、私の約束を守ってもらうのは、ザックだから。

そう言い、おもむろにポシェットから“別の銃”を取り出して。

「——バン」


キャシーに向かって銃を放つレイチェル。
原作ゲームや漫画の時も思ったけど、この場面ってやっぱり口でバンって言ってたんだなっていうふとしたどうでもいい感想。

一度呆然と口から血を吐いた後、再び憎悪の感情に満ちた表情を浮かべるキャシー。

「とんでもない本性を出してきたわね!この罪人女!断罪してやる!断罪してやる!この涼しい顔の下の悪魔を、私が断罪してやる!!」

その直後、突如腕が切り裂かれるキャシー。

「——うるせえよ」
「撃たれて嬉しそうな顔してんじゃねえよ。おかげで切りたくて、切りたくて、目が覚めちまったじゃねえか!」

ザックの復活キタ—!

今回も見ていてハラハラしたー。
ああ~、でもザックの「ああ、でもすぐに眠っちまったなあ」はカットか。
この場面、正直原作ゲームの方が臨場感あってそっちの方が好きだったかなという印象だったんだけど、改めてじっくり見てみるとカメラワークとかめちゃくちゃ緊迫した感じでめちゃくちゃいいな!
キャシーさんが断罪してやる!って言ってる場面の下から上にカメラを流していく感じ、あれがお気に入り。

PageTop

「F6 1ST LIVE TOUR」11日昼の部感想②


松ステ2でも見た、なんかティッシュを飛ばす機械みたいなものを持ったF6の再登場。
箱ティッシュ!これを待ってました!
機械で飛ばしたり会場に向かって投げてくれるF6たち。しかし手を伸ばしてみるもなかなかこちらに落ちてこない。
そこで気付いた。前列はむしろなかなかティッシュが落ちてこない位置だということに。
やばい、どうにかしてティッシュを受け取りたいけど……と焦りながらとりあえず手を伸ばしていたら……
井澤さんが、前列の人たちに手渡しでティッシュを配ってくれた!!
私も1枚貰えました!手渡しで……!(強調したい)
落ちてくるティッシュをどうにか1枚掴めたらなと思ってた矢先、それをさらに上回る幸福……本当にいいんですかありがとうございます!!
井澤さんありがとうございました!

f64_convert_20180813182209.jpg
これがその時のティッシュです。ありがたやー

あ、あと井澤さんと和田さんが前列の人たちがティッシュを受け取れてないことに気付くと、機械の角度を変えて下に飛ばそうとしてたり。優しい。

その後でもう一度新曲を歌い、「Forever 6ock You」で締めとなりました。

最高の時間をありがとうございました!
歌以外にもトークコーナーやグッズ紹介やHPにきてた質問に答えるコーナーなんかもあって、めいっぱい良きが詰め込まれた2時間でした。


以下、私のお気に入りシーン抜粋
〇質問コーナーにて「私は超能力者でカレーを食べようとしても、どうしてもスプーンが曲がってしまいます」というネタ
 和田「インドに行って素手でカレーを食ってこいブス!」と秒で即答。おお~という空気の後、しかし時間差で
 小野「ちょっと待ってください。インドに行かなくても素手で食べれるのでは?」
〇グッズ紹介の時になぜか十四松のグッズだけ飛ばすトド松
 ブレードのライト紹介時、光の速さで黄色だけ飛ばす中山さん
 和合「これは不良品なので後で取り換えておくね!」
〇和田「こんだけ声張り上げてたら声枯れるわ!」
 井澤「大丈夫?痰とか」
 和田「痰とか言うな!こんなとこでwww痰とか言うなwww」
〇和田「初日だろうが、泣きたいときは泣いたっていいじゃねえか!」(ライブの様子に感動してる様子の井澤さんに)
〇年中のデュエット曲について「いつからギター弾けるの?」という問いに
 小野「0歳から弾けますよ」
 安里「前世(素)」
 和田「ちょっと待て。にやにやしながら『前世ぇ』じゃねえよwww」
 その後何となくグダって
 ↓
 和田「スイッチオフ……あさとぉ!」

今すぐに書き出せるのはこれぐらいかな。
他にも書ききれないくらいいっぱいあったと思うんだけど、ライブ中はとにかくいっぱいいっぱいだったのですまんです。


そして無事にライブが終わり、そこでようやく予約していたグッズを引き取りに行きました。
f61_convert_20180813185446.jpg
ブレードパンフレットなっちゃったグッズの和田さんのセット
会場でブレード振ってる人ちらほらいたけど、Fの文字がモチーフになっててほんとにかわいいんですよね。
2ndツアーなんて機会があったら、そこでこのブレード振りたいな。

あとはJTBオフィシャルツアー先行限定のTシャツ
表面と裏面はこんな感じです。
部屋着としても使えそうだけど、絶対使えなくて観賞用になるやつ。
f62_convert_20180813185537.jpg

f63_convert_20180813185602.jpg


いやーほんとに楽しかったです。
観てる最中、ほんとに夢の中の空間にいるみたいで、ところどころ放心状態になってしまってましたが、
あんな近くでF6を見れて、もう一度生でF6の歌を聴けて、ティッシュまで受け取れて本当に本当に感無量です!!
これからもF6や松ステ共々応援しています!ありがとうございました!

PageTop

「F6 1ST LIVE TOUR」11日昼の部感想①


先日、豊洲PITにて行われたF6のライブに行ってまいりました~!

ライブ自体は初めてで色々緊張もあったのですが、もうめっちゃくちゃ楽しかったです!
開場30分前に着いた頃にはたくさんの人だかりでいっぱいでした。外の気温が暑かったこともあって、ようやく中に入れた頃にはすでに汗だくの状態。
そして、ここでひとつの失態。
私はJTBオフィシャル先行ツアーを申し込んでいてグッズなども既に予約済みだったので、物販組じゃないしまあ大丈夫だろうと余裕こいて30分前に行ったのですが……
ライブ前にグッズを引き取ろうとした際スタッフさんにも確認してみたけど、ちょうどその時グッズ引き取りや物販を一旦終了する時間帯だったらしく、開場後にまた中で行われるとのこと。

前列を狙っていた私は、中に入ってグッズを引き取ってから会場に向かったら前列が埋まってしまう…!と判断した私は、とりあえずそのライブは持参してきた松ステブレードを使ってました。
欲を言えばそのライブ用のブレードを使いたかったけど、まあ致し方なし。
なので、オフィシャル先行ツアーを申し込んでてグッズ予約済みだったとしても油断せず、早めに行って先にグッズを引き取っとくっていうのだったら安心かな。
というか皆既に知ってる常識かもしれん。いい加減イベント慣れしろ私。


そして無事に前列を確保した私。
ライブが始まったら、役者さんのあまりの近さにひたすら興奮状態。
めっちゃくちゃ近い。目の前に立たれたら近すぎて何にも言葉が思い浮かばないくらい。やばい本当に顔がいい。
曲は「WAKE UP!」「“F”→U GO!」など松ステでもおなじみの曲に加えて新曲をなんと4曲も披露してくださいました!


sweet cute ラプソディ」
十四松とトド松のデュエット。ラップ調だけど、ひたすらにかわいくてポップな曲。
歌の後の無茶ぶりにもうまくラップで返してくれる和合さん。
beauty moon mysterias
チョロ松と一松とのデュエット。しっとりした感じの曲を、二人でギターを演奏しながら歌ってくださいました!
F6の年中も6つ子の年中と同じく、あんまり関わりのない気まずい関係性なのねw
justice wild
おそ松とカラ松とのデュエット。ロック調のかっこいい曲
スタンドマイクはさみながら歌ってる姿ほんとにかっこいい!

そしてF6全員での新曲、「magic night satisfaction」
つなぎというか、ジャージ…?みたいな新しい衣装(うまく説明できない)を身に包んで歌ってくれました~めっちゃくちゃかっこよかった!
終盤あたりにも手拍子のタイミングを教えつつもう一度歌ってくれて、もう早速今すぐにもCDで聴きたいくらいすっかりハマってしまいました~

「いつか夢でチャックメイト」ではトト子ちゃんのパートを観客の皆で歌うといった感じで、皆でF6と一緒に歌ってきました。めちゃくちゃ楽しい。
歌った後和田さんが「稽古ではトト子パートは歌わない想定だった(笑)」とちょっと驚いていた様子。
でもほんとに歌の時に限ったことじゃないけど、ライブ始まった時から本当に歓声がすごくて、ライブってすげえなとひたすら圧倒されてました。
その後なんと、6つ子たちの曲、「ALL We NEET with LOVE」「NO WORKING NO WIFE!!」をF6verにアレンジした曲を披露してくれました!
振り付けもほとんど6つ子verのまんまでめちゃくちゃかわいかった~
歌詞もF6にちなんだものにアレンジされてて楽しかった。やらしいって言うジャスティス…
CD化はよ。

そして最後の曲「Good Looks,Good Night」

最後の曲……てぃ、ティッシュは……⁉
と少しショック感を覚えるライブ初心者の私。
前回、前々回の松ステの時は惜しくもティッシュを受け取れなかったので、今回こそは受け取れたらいいなとおそらく一番楽しみにしていたのでティッシュはないのか……としょんぼりしつつ最後の曲を聴き終え、そして役者さんたちが捌けてしばらく経った頃
ちらほらと聞こえ始めるアンコールの声。
……?あ、そうか。まだアンコールがあったか!とここでその存在を思い出す。
2、3分くらい…実際はどれぐらいの時間だったかわかんないけど、ティッシュありますように…と祈りつつ手拍子してアンコールを待っていると……

「箱ティッシュサンバ」の曲と共にライブTシャツを着たF6たちの再登場!
キタ———!!


②もまた近日中にあげたいと思います。

PageTop

「スギナミ討伐公務員」9話感想




前回コロッケと家族になれた日の翌日。
攻略課では班長のひるみさんにコロッケのことを相談するか否か悩んでいる代永さんがいた。重要機密を知る人が増えるのはやはり良くないか……?今日こそ悠真としっかり相談しようと悶々と考え込んでいるところへ。
「おはようございまーす!」と堂々とコロッケの手を引いて、出勤する悠真の姿。

普通に連れて来てりゅぅ―――!!
の時の代永さんの顔、春原先生の元絵が頭に容易く思い浮かびますw
そしてコロッケ(食べる方)を食べてるコロッケの顔があんまりかわいくないw


一方、住吉さんの会社では、蘭丸という彼の部下に「いいんですか?あんなガキに実験体預けて……」と問いかけられていた。
重要機密が外に漏れることを危惧している様子に、「私が間違ったと?」と冷たい表情で聞き返す住吉さん。
ここで怯むかと思いきや、ゾクゾクしながら恍惚の表情を浮かべてる蘭丸くん……あ、この人あかんやつのパターンだ。
かと思いきや、6話で出てきたもう一人の部下が重要機密を連れて堂々と外を歩いてました!と報告した後、秒で「間違えた……?」みたいな表情をしてたのが面白かった。

そうしてその足で悠真たちがいる攻略課まで足を運ぶ住吉さんと蘭丸くん。
コロッケを世間に重要機密だと気付かれないように、どうごまかそうかと相談していたところへ、住吉さんが「攻略課サポート01」という攻略課の職員を高性能AIでサポートするナビロボだという設定を提案する。

「悠真くんに預けるなら私生活だけでなく異世界に連れて行って、そこでの行動記録もほしいなあ、と」

こういう言い分で、悠真がコロッケを外に連れ出すことを許可する住吉さん。
その様子を「住吉さんに気に入られやがって……」といった様子で睨みつける蘭丸くん。

「そうだ。悠真くんはまだ正式採用じゃないんだっけね」

用件を伝え帰ろうとしていた矢先、そう足を止める住吉さんは「コロッケは攻略課の備品なんだから、キミが不採用なら没収だ。こちらで処分する」と付け加える。

「私の手心は無しだよ。採用試験に落ちるような人間に興味はない」

この言葉を聞いて、目の色を変える蘭丸くん。


その後、どこかの海で立ち尽くす蘭丸くん。

「海に来ると心が落ち着くんだ」
「けどダメだった。顔のニヤニヤがおさまらない。『採用試験に落ちるやつに興味はない』か」

「住吉さんの一番のお気に入りはオレだぜ、結凪悠真」

そう言いながら、たまたまその場にいた柄の悪い連中を切りつける蘭丸くん。
八つ当たりやないか。

なんかヤバそうな新キャラ登場。

この口ぶりからして、絶対悠真の試験に関わってくるんだろうなー。

PageTop
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。