FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

「スギナミ討伐公務員」9話感想




前回コロッケと家族になれた日の翌日。
攻略課では班長のひるみさんにコロッケのことを相談するか否か悩んでいる代永さんがいた。重要機密を知る人が増えるのはやはり良くないか……?今日こそ悠真としっかり相談しようと悶々と考え込んでいるところへ。
「おはようございまーす!」と堂々とコロッケの手を引いて、出勤する悠真の姿。

普通に連れて来てりゅぅ―――!!
の時の代永さんの顔、春原先生の元絵が頭に容易く思い浮かびますw
そしてコロッケ(食べる方)を食べてるコロッケの顔があんまりかわいくないw


一方、住吉さんの会社では、蘭丸という彼の部下に「いいんですか?あんなガキに実験体預けて……」と問いかけられていた。
重要機密が外に漏れることを危惧している様子に、「私が間違ったと?」と冷たい表情で聞き返す住吉さん。
ここで怯むかと思いきや、ゾクゾクしながら恍惚の表情を浮かべてる蘭丸くん……あ、この人あかんやつのパターンだ。
かと思いきや、6話で出てきたもう一人の部下が重要機密を連れて堂々と外を歩いてました!と報告した後、秒で「間違えた……?」みたいな表情をしてたのが面白かった。

そうしてその足で悠真たちがいる攻略課まで足を運ぶ住吉さんと蘭丸くん。
コロッケを世間に重要機密だと気付かれないように、どうごまかそうかと相談していたところへ、住吉さんが「攻略課サポート01」という攻略課の職員を高性能AIでサポートするナビロボだという設定を提案する。

「悠真くんに預けるなら私生活だけでなく異世界に連れて行って、そこでの行動記録もほしいなあ、と」

こういう言い分で、悠真がコロッケを外に連れ出すことを許可する住吉さん。
その様子を「住吉さんに気に入られやがって……」といった様子で睨みつける蘭丸くん。

「そうだ。悠真くんはまだ正式採用じゃないんだっけね」

用件を伝え帰ろうとしていた矢先、そう足を止める住吉さんは「コロッケは攻略課の備品なんだから、キミが不採用なら没収だ。こちらで処分する」と付け加える。

「私の手心は無しだよ。採用試験に落ちるような人間に興味はない」

この言葉を聞いて、目の色を変える蘭丸くん。


その後、どこかの海で立ち尽くす蘭丸くん。

「海に来ると心が落ち着くんだ」
「けどダメだった。顔のニヤニヤがおさまらない。『採用試験に落ちるやつに興味はない』か」

「住吉さんの一番のお気に入りはオレだぜ、結凪悠真」

そう言いながら、たまたまその場にいた柄の悪い連中を切りつける蘭丸くん。
八つ当たりやないか。

なんかヤバそうな新キャラ登場。

この口ぶりからして、絶対悠真の試験に関わってくるんだろうなー。

PageTop

「スギナミ討伐公務員」8話感想


【今回1番好きなとこ】
ver0.4「パンパン」
悠真「?おなかいっぱいってこと?」
ver0.4「おしめパンパン。もっとおしっこ出る」
代永さん「おしめ……してるのか」
悠真「パンパンでもっと出ると……どうなるの?(え…なんかやばいぞ…といった表情)」
ver0.4「あふれ もれだす」

瞬殺でオムツを買いに走る代永さん
しかし間に合わず
「ジーザス!!」という渾身の叫び

ここらへんの勢いがもうw



無事住吉さんを説得することができて、ver0.4を家に連れて帰った悠真。
今日からここが新しい家だ!と自宅を紹介する悠真を後目に、代永さんは「本当に連れ帰ってしまった……」と何やら案じている様子。

おしめ問題も無事片付き、さて今後の話をしようかと言うところで悠真とver0.4のお腹が鳴り出し、やむなく夕食の時間に。
ここで悠真の家なのに、なぜか代永さんが料理するという……
普段の面倒くさがりな感じを抜けば、基本的に世話焼きないい先輩なんだな、代永さんって。

食卓に出されたのはコロッケ。

「なにこれ?」
「コロッケだよ」
「あっお前、何か特別なもの食べたりするのか?」
「だいじょうぶ。けどこれ、はじめてみた」

コロッケを口にした途端、一転して「おいしい」と少しだけ表情を明るくさせるその子。
その様子を見守ってる2人の顔が、完全に親が子を見守る感じそのものでね。


さて……ここらへんでそろそろ真面目に話し合おうかといったところで。
「さて今後のことだが……」
「歓迎会のことですよね」
「何の話だ」
肝心の悠真は代永さんとは全く違うことで悩んでいる様子。
この子はとんでもなくヤバイ組織の重要機密。
それ程のものだという覚悟を持って預かったのか、という代永さんの問いに「いいえ?」とけろりと返す悠真。

「すごいヤバイのも命がけなのもわかってます」
「けどオレは覚悟して重要機密を預かったんじゃないですよ」
「オレは覚悟して……この子と家族になったんです



だからまずはたくさん笑わせてあげたいです、そう屈託なく笑う悠真に呆気にとられてた代永さんはしばらく俯き……
お前の言い分はわかった。その上で、歓迎会なんかよりやることがあるだろ。

「名前をつけないと!」

代永さんがいよいよこちら側に!
ボケに回られたら誰が突っ込むんだよ!と一瞬思ったけど、8話以降別に突っ込みの仕事を放棄したわけじゃなかったからよかった(そこ)

名前をつけてもらえると聞いたその子は、じゃあこれがいいな、と手に持ってるものを示す。
「ころっけ?とってもおいしいから」
「よし! ようこそ!コロッケ!

いやーよかったよかった。
盛大に話進んでないけど、やっぱこういう日常編好きだなー。

PageTop

「スギナミ討伐公務員」7話感想


お知らせ的な注意書きなのですが
前回スギナミ1巻の感想をあげた際、やっぱり1話ごとの感想をじっくりあげたいなと思いまして…
1巻の続きの7話から、感想を綴っていくことになりましたー
しばらくはスギナミの書き溜めた感想記事が多めになるかと思います。ご了承くださいませ。




前回の続き。
ver0.4を討伐しろと命令する住吉さんに
「オレはあの子を攻撃しないし、あんたにも消されない」と返す悠真。
「じゃあどうする?私を攻撃する気かい?」という問いかけに。

「オレがママになる!」と高々と宣言。

それであっさり解決かというと、そんなわけはなく。
しかし、お前がなりたいのはヒーローだろ!という代永さんの突っ込みにも「ママだってヒーローになれます!」と大して問題にもしていない様子。
まさかオレママ宣言以上のパワーワードが聞けることになるとは……w

6話までの住吉さんのイメージだったら、悠真のオレママ宣言にも「は?何言ってんです?そんなの認められるわけないでしょ」みたいな感じに冷たく返すのかなと思ったけど、
「実にいいですねえ!最高の提案ですよ!却下しますけど!」と高笑いしながら言ってるのを見て、あっ、この人たぶん大丈夫な感じの人だ……となんとなく思いましたw

この子を預かる!と言って聞かない悠真だけど、研究所の重要機密なわけだからすんなりいくわけはありません。
……ここらへんで7話で1番好きな箇所があるのですが、代永さんが上手いこと機転を利かしてくれるとこがあるわけです。

ヒーローごっこじゃないんだぞ!と何とか窘めようとする代永さんだけど
「そうです。ごっこじゃないんです。あの子の命がかかってる。だからこそ引けません」と尚更強い意志を見せる悠真。
それを見て代永さんは、一度迷う素振りを見せるけど

「……だめだ」
「公務員は……情で公務を執行しては、ならない」
「あの子はモンスターでも人間でもない。ただのモノだ」
はっきりとこう告げる代永さん。

「そうです。モノですね」と返す住吉さんに、すかさず代永さんがこう言葉を返す。


「モノなら討伐じゃなく、採掘の案件ですね」



モノなら討伐対象じゃない。だからこちらは手を下せない。
相手を攻撃するわけでもない。きちんと偉い人の尊厳を守りつつ公務員らしい対処をする代永さん、さすがです!
悠真みたいな直球タイプとはまた正反対の冷静で大人らしい対応の代永さんとで、バランスのいいコンビになってる感じがします。

その言葉を聞いた住吉さんが、突然何かのスイッチが入ったように再び高笑いを始めて……
そのまま服を破って脱ぎ出した……!(ネクタイだけ残して)

「!?」となる2人に構わず住吉さんは「いいですよ!いいですよ!気に入りました!」と何やら興奮気味に。

「私は人類が好きでしてね、人類をさらに素晴らしくするために研究をしてるわけです」
「特に好きなのがお2人のような、熱い意志を持つ人類!」
「ver0.4がお2人と暮らせば、いい刺激になっていい研究になるかも」

「よし、そいつは2人に預けておきます」とあっさり快諾。

いいんだ。
この後、また色々問題持ち込んでくんのかなと思ったけど、結局了承ということで大丈夫なんだ。
じゃあ、何で服脱いだの?

何で急にスイッチ入って2人の提案を引き受ける気になったんだ、っていう疑問に対する答えは
住吉さんの「けど仕方ない。惚れた方の負けってことです」に全部込められてる気がしたw


このお話のマスコットキャラになりそうな新キャラの登場。
8話からも引き続き、見逃せない展開になっております!

PageTop

「佐伯さんは眠ってる」1巻感想


「佐伯さんは眠ってる」買わせていただきましたー!
特典のペーパーがつくらしく、昨日出先で買ってきたのですがそこの書店ではペーパーはついていなかったみたいなので、また後日アニメイトで買ってこよう。


春原先生の新作漫画2作目。
連載開始前に「ラブコメ」系統の話であるといった情報を拝見し……
あの春原先生が……ラブコメ……!?
と普通に驚いてしまいました(失礼)



話の内容としては
クラスの学級委員である佐伯さんが、授業中あの手この手を使って居眠りしているところを、この話の主人公である時宮くんが観察し、見守り、時には助けたり、なんていうお話です。
どこでも寝れちゃう佐伯さんと、そんな佐伯さんを観察するうちに彼女のことが気になっちゃう時宮くん

この佐伯さんなんですが、もうめちゃくちゃ可愛い。
原作の春原先生が行うニコニコ生放送の中で「佐伯さん」の話題もちょくちょく出るのですが、作画の小菊路先生の描き方が本当に可愛くて、
「この漫画、オレネーム描いてないんじゃないか」と度々言ってるのが面白かったw
でもところどころあるギャグ調はしっかり春原先生節がきいてて、「あっやっぱり春原先生の漫画だ」と改めて実感しました。

このお話、佐伯さんの惰眠の仕方がすごく面白いんだけど、やっぱり一番凄かったのは開幕の1話。

クラス全体が睡魔と戦う5時間目の授業中。
そんな中、時宮くんの隣の席である佐伯さんがおもむろに何かの小瓶と30センチ定規を取り出す。
なにをやり出すのかと思いながらその様子をじっと観察していると……
その定規を胸に挟んで、その定規で頭を支えてそのまま居眠りした!
表紙にもあるけど、やっぱりこれのインパクトは凄かったね
ちなみにあの小瓶は快眠効果のあるアロマだそう。
「惰眠に本気だ!」と時宮くんを度々驚かせています。


佐伯さんいわく小学校の頃からこの惰眠をバレたことがなかったらしいけど、今まで隣の人とか気付かなかったのかな。
そういや定規で挟むのは時宮くんに見られた時、初めて試したって言ってたから、それでたまたま時宮くんだけが気付いたのかも……?さすがに定規は隣の人には見つかってしまうw

1話のしめに「この惰眠は2人だけの秘密」っていうのがあるけど、
佐伯さんの秘密を時宮くんだけが知っているっていうのがいいですよね。
そしてこの後の展開もちょこちょこ時宮くんが佐伯さんの眠りをサポートしている……そんな関係性になってるのがすごくいい…!

最初の方はラブコメ要素はそんなにはないんだけど、1巻後半から徐々に本格的に佐伯さんが気になりだす時宮くんがいますよ
2巻以降も楽しみ!
2巻の次巻予告にあったけど、「あっくん」という佐伯さんの友人?幼なじみ?みたいな存在であろう人が登場するみたい。どんな人なのか楽しみ
「背もオレより高いんだろうな……」とあっくんについて想像する時宮くんが、嫉妬というよりかはコンプレックスみたいなのでしょんぼりしてるのがまた
時宮くんのなんとも甘酸っぱそうな感じが時折かわいくて仕方ありません。

佐伯さん、今まで自分の居眠りがバレたことないって言ってたから、
きっとあっくんも佐伯さんの惰眠は知らない筈なんだよ。1巻の最後では人に寝顔を見られるのが恥ずかしいという佐伯さんに時宮くんが、
ボクが見ちゃってるけど……、いいの?
とふと問いかけています。

あー何度も見られてるし、今更だよね。みたいなこと言いつつ、

「うん。 時宮くんになら、いいよ」

と答えているんです!
これはもう、確実に時宮くんが特別ってことでしょ!(はやい)
あっくんがどんな人かはわからないけど、でも佐伯さんの惰眠の秘密を共有してるのは時宮くんだけだから、きっと距離自体は確実に縮まってる筈!
何はともあれ。
これからの展開も楽しみです。

「Palcy」という漫画アプリでは、現在16話まで連載中です。
16話といっても、前編と後編で分けていたりするからコミックスの話数で言うと……今現在は10話まで進んでいる状態かな
3話までは無料で読めるし、その話以降は無料で配布されるチケットというもので読めるし、先読みする場合はコインも使えますよ!
パルシィではまだあっくんは登場していないけど、もうそろそろ出てきたりするのかな……楽しみ~




1巻の描き下ろし漫画である「佐伯ちゃんの晩御飯」
回転寿司のモノマネしてる幼少期佐伯さんがめっちゃくちゃかわいかった!


PageTop

「スギナミ討伐公務員」1巻感想


この漫画の原作者である春原ロビンソン先生は、過去作である戦勇。の時から知ってて、(現在は戦勇+として連載中)第1話を読む前からすごく楽しみにしてた作品です。

異世界に現れるモンスターを相手に戦う攻略課というお仕事。
このお話の中ではその攻略課は公務員にあたるお仕事らしく、スーツに身を包んで週5勤務で働く、といった設定で。
モンスターや討伐といった、王道ものの少年漫画好きの私からすれば読む前のワクワクもより一層高まってました。しかもそれを好きな先生が描いてくださるので尚更。


「ボクイヤだ…こんな泣き虫なの…
 強くなりたい…ヒーローみたいに…」
「じゃあお婆ちゃんが教えてあげるよ 強さに一番必要なもの」

「安定した収入よ」


第1話を読んだときも、初っぱなから春原先生節がきいてて、戦勇に続いて大好きな話になりそうだと確信いたしました。
ちなみに冒頭のシーンは主人公である悠真がまだ幼いころにお婆ちゃんに言われたお言葉。(おそらく、幼稚園か幼稚園にあがる前くらいの年齢?)
お婆ちゃん強し



この主人公である悠真は、そんな攻略課に入ったばかりの新人討伐戦闘員。とにかく真っすぐな性格で躊躇ったり立ち止まったりすることがない。そういった感じの主人公。
ヒーローのような討伐公務員になるのが夢で、今は実地試験中とのこと。
どんな困難にも脅威的な存在にも怯えることはなく、そこらへんが全くブレなくていい。
で、そんな悠真を引っ張っていってくれるのは、先輩の代永さん


めんどぐさがりで気だるげな性格だけど、昔は悠真のように「ヒーロー」に憧れて、情熱とやる気に満ち溢れた討伐者だったらしい。
でも、悠真の名誉や名声なんてものにとらわれず、真っすぐにどんな困難にも立ち向かっていく姿に、完全にとは言わないまでも、昔のやる気を思い出しつつあった様子。
悠真の代永さんも一緒にヒーロー目指そうという誘いには、熱冷めて長いしめんどいと断りはするものの

「ファンタジーな夢は…お前に任せるよ 悠真」

と、少し心を動かされた様子。


討伐者として正式採用されるため、日々精進中の悠真の物語が始まった——
っていう感じで。
これからの展開も楽しみな感じの冒頭部分でした。
第1話が60ページ越えってボリューム多くて最初は少しびっくりしたな。(これは第1話に限りますが)
アプリでは1話は常に無料で公開されてるし、あのめいっぱい濃密な内容を詰め込んだ冒頭部分が無料で読めるって凄すぎだから、読んだことない人はぜひ読んでみてね


「私が強い?当たり前です!私は朝霧王香の娘なんですから!」
他にも、歴代最強と言われる討伐班長の朝霧王香の娘の朝霧優香ちゃんとか

「結凪くんと組ませたら…あの頃のやる気取り戻してくれるかと期待してたんだけど…」
悠真たちが務めるスギナミ区の討伐班長である火瑠見さんとか

「これが偉くて偉大な私の…現在の研究品」
異世界研究第一人者の住吉さんとか
まだまだ濃いメンツもたくさん出てくるので必見ですよー


1巻好きな部分が多すぎてどれから感想書けばいいかわからないけど、私のお気に入りのシーンをあげるとすれば
超偉い人である住吉さんの研究対象である、ver0.4と呼ばれてる生き物。



「人間とモンスターかけあわせて 子どもつくってみました」
「人類は 異世界の力を得ることでさらに進化するのです」


研究施設から逃げ出した様子のその子。大人しく家に帰れば優しく許してやるという住吉さんに

「あんなの…おうちじゃない」
「おまえたちいってた…がんばってたらママむかえにきてくれるって」
「けどママなかなかむかえにこない。だからボクからあいにいくんだ」

しかし住吉さんは非情にも

「お前は細胞を組み合わせた人工生物だからママなんていませんよ」

あれは頑張らせる為のウソだとクスクス笑う住吉さん。
さらには言うことを聞かないその子を、「討伐してください」と悠真と代永さんに命じる。

「安心してください あれは人間でもモンスターでもありません。失敗作ただのモノです」
「罪に問われることもありません。むしろ私に恩を売れてお得ですよ」
「私 偉いですから」

ここで、悠真が怒りの鉄拳!

「お前が偉いのはダメだ!」

討伐用のパワードスーツ着用のまま殴られてもものともせず、不敵な笑みを浮かべる住吉さん
ここらへんゾクッとしてしまった。

「これは私には従えないって事かな?」

従わないのならキミたちにも消えてもらうしかない。それがキミたちの選択ってことでいいのかな?と念を押す住吉さんに、オレはあの子を討伐なんかしないしあんたにも消されないと返す悠真くん

「じゃあどうする?私を攻撃するつもりかい?」

「オレが ママになる‼」


お前がママになるんd……!え……?( ゚∀゚)
ってとこで1巻終了。

面白かったー
春原先生のセリフ回しとかって、単純に聞こえる言葉遣いだけど、どこかはっと引き付けられる何かがあって、気が付いたらこのスギナミ討伐公務員の世界にどっぷり浸かっていた。
お前が偉いのはダメだ!
そうなんだよね。
言葉通りだよね。単純なセリフなのに、どうしてこうも心に入ってくるのかな。

2巻からはver0.4と呼ばれているあの子も仲間に加わって、さらに引き込まれる展開になるかと思います。
スギナミ討伐公務員は、現在「ジャンプ+」というアプリで連載中です。(現在15話までの更新)
こっちでもかなり心引き付けられる展開になっていますので、注目して頂ければ幸いです……!
興味を持っていただければぜひ!

2巻は今年秋ごろ発売だそうで、今から楽しみです。
ジャンプラの方でも、毎週更新楽しみにしております!!

PageTop
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。