FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

「おそ松さん」2期24話感想


AパートからじゃなしにいきなりOPから入るのが、1期の24話のことを思い出してもう不安なんだけど
序盤の方はまだ和みパート。
昼過ぎに起き出して皆でダラダラと朝食をとる。
文章におこせばわりとアレなのに、何でこう6つ子はこうも和むのか
松代さんはいいかげんキレてもいいと思ったけど、21話でニートだろうが元気なら別にどうでもいいってことぶっちゃけてたっけw


そして、例のシーンへ。



ここの場面は、24話が放送される前から公式Twitterでも上のように予告されてたんだけど、どっかでわかっていてもなかなかの衝撃だった。
1期の時の野球からの爆破オチを知ってるから、多少は安心できるかなとは思っていても。

親が倒れてしまう。
そんな状態に陥ったら、もうニートなんてやってる場合じゃないよね。


「どーしよっかなー、これから」
「いよいよちゃんとしなきゃいけないよな?」




1期では、就職したチョロ松に対して、ただふてくされて拗ねているかのような態度をとっていたおそ松が、自分からこう切り出した。
お、おお……!と思ってる間にも、兄弟たちもいよいよちゃんとしなくちゃいけないのかなと思って、その日から次々とバイトや仕事を探し始める。
おふざけワードと思ってた「ちゃんとする」が、2期のサブテーマだったとはね(私がこう勝手に思ってる)
前期とおんなじような流れを追っていってるけど、でもあの時と違うのは、やっぱり1人じゃないってことかな。

1期の時は、ただ殺伐とした感じ?だったっていうか、ただただしんみりしてて、見ているこっちも辛かったし25話までの一週間は不安でたまらなかったのをよく覚えてる。
チョロ松の就職をきっかけに、それぞれ別の道を歩もうと、それぞれがバラバラに家を出て、それで最終的におそ松が1人、実家に残っちゃう。

でも2期は、就職することも皆で決めて、皆同じ家にいて、前までのように……とはいかないまでも、おそ松が1人になることはなくて。
見ていて少ししんみりとはするけど、それでも空気は前のものに比べたらあたたかく感じて、どこか優しい感じもする。
兄弟一緒の布団で寝て、その隣に松代さんもいるのを見ると、ああーよかった……ってな気持ちになった。


おそ松は1期2話で働いてた中華屋でバイト始めたんだね。
初めての給料日。へへって顔で給与袋見てるのがまたなんとも。
バイトもして自立への第一歩って感じでそれなりに充実した感じに見えたけど。どうしても今までのように皆一緒ってわけにはいかないよね。
バイト帰り、おそ松が家に帰るとニートやってた頃のわいわいしてた時とはまるで別みたいにしんとしてて。
子供部屋で一松が1人寝てるけど、皆そろってるわけじゃなく


「どうしたの?」
「他の奴らは?トド松は?どこにいんの?」
「え?知らないけど……」
「十四松は?チョロ松は?カラ松は?」
「……知らないよ?」


きっとおそ松って、働くにしろニートやるにしろ、いつまでも6つ子皆揃ってバカやってたいんだろうなー
だから1期の時はあんなにふてくされて態度で全力で嫌だってこと示しててね
でもそんなこと言ってもいられないもんね。親のこと考えたらいつかは自立しないとだし
そんな思いで、雨の中何をするでもなくぼんやりと座ってたら。

「おそ松くん?」

トト子ちゃん登場!(ここらへんでめちゃくちゃテンション上がってました)
トト子ちゃんにハンカチ貸してもらったであろう描写がいい。

「寂しい気持ちもあるんだよね。皆バラバラになっちゃってさ」

1期の時は(何回も比べて申し訳ない)トト子ちゃんに声かけられても黙って顔背けてたのに、今度はちゃんとトト子ちゃんと話をして、自分のさみしいって気持ちを聞いてもらってるのがよかった。
なんていうか1期からの成長を感じるって言うか。話繋がってるかどうかわかんないけど
ここでただ話を聞いてくれて、「自分で決めたら?おそ松くん自分で言ってたよ。自分のことは自分で決めたいって」って
ただ相手に寄り添った答えを言ってくれてるのがね、もう。
正当ヒロインだなって感じ!

で、いい話の流れを辿っていってるんだけれども、ここで新たな展開が
おそ松がある朝、皆を集めて言っておきたいことがあると言い出す。
その話とは……?
ってとこで24話終わり。


どうなるんだーーー!!
1期の流れは知ってるけども!前回なぜか急にセンバツ始めだした流れは知ってるけども!
それでもどうしてこんなに不安になっちゃうんだろうか……?
手放しで安心しきれないところが、見事に公式の手の上で転がされている感じするけど
まあ、ひとまず次週まで待機
いよいよ2期最終話かー。


PageTop

「おそ松さん」2期23話感想


【ダヨーンとダヨーン】


ダヨーン普通に社会人やったんか

「ちなみにダヨーンは結婚はしているのか?」
「まだしてないヨン。でも親友ならいるヨン」
ここ普通に和んだ。
ダヨーン基本的に何考えてるかわかんないキャラだったけど、案外普通のキャラだったな
モノローグではめちゃくちゃ普通のこと思ってたし


【悩むイヤミさん】


メタ回。
前回の次回予告の時から、真っ白の画面で何が行われるんだって若干こわかった。
微妙に色合いが薄めな感じがするのは気のせいかな?
で、おそ松チビ太と今後のイヤミの人気について相談するわけだけれども。
何でこのメンバーなの?って思ったけど、おそ松は長男で一応6つ子のリーダー的ポジションだからかな。

「十四松連れてきて、あいつ人気出て調子乗ってるから(素)」

イヤミがただの鈴村さん(イヤミの中の人)になって途中で國笠さん(素)が鈴さん!?とか言い出したの面白かった。
本当にメタ回だったな。
円盤の1巻の特典映像に収録されてるイベントで言ってた、どんな話が見たいかってコーナーで
「生放送回」てのがあったけど、こういうの見てるとこの生放送回とかぜひやってみてほしいな。

で、ずーっとグダグダやってたら、またプロデューサーが戻ってきて
「あと放送2回しかないから。こんな風に尺使ってどういうつもり?もう間に合わないから!」とお叱り
あ、はい。
最終回な~どうしても来ちゃうよなー




チョロ松がほんとにツッコみやらなくなってトド松が苦労するようになったなーと思う回。
というかこの話、とてつもなく和んだ回なんだけど。
酔っぱらいの6つ子かわいすぎやしませんか。

Cパート編ではみんなで尋常じゃなく褒めあってそれにちなんだ目標を言う度に、
「うん!それがいいと思う!」
って皆で毎回合わせて言うの可愛すぎかよ。
ごめん。男にかわいいかわいい言うのアレだと思うけど、やっぱ6つ子ほんっとうにかわいいんだな。


【次回予告】

シリアス回と聞いて、視聴前から震えが止まらない。

PageTop

「おそ松さん」2期22話感想




サバイバル回。
こういうわちゃわちゃした話、「おそ松さん」って感じがして好きだなあ。
地蔵松の時も思ったけど、やっぱハタ坊の叫び声いい。
無人島に流れ着いた一行。ギャグアニメじゃなければやばかった。
トド松が「僕こんなところで生きられないもん!」って、自分からデカパンに泣きついておきながら「ワシが守ってあげるダスよ」って慰められた途端気持ち悪い(真顔)って突き落とす情緒不安定ぶり。

1期21話の時もだけど、なぜかカラ松がナレーションなんだよね。
この配役に特に意味はないんだろうけど。
そして途中からげんし松に近いものに進化してた一同。

「何で!?まじか!やったぜ!!ふううあ×%△¥ーー!!」
モノローグとはいえ、カラ松のあんな高いテンションの喋り珍しいな



【限界突破】
それでげんし松もどきに進化するだけでなく、なぜか次々と覚醒しだしていく皆。
もはや何もツッコむまい。
しま松のガチャで2回同じものが出ると起こる現象ね。
トト子ちゃんがめっちゃかわいかった。ぱっと見、某ミクさんみたいに見える。
すごい壮大だけど、トイレットペーパーを巡っての争いだよね。
サバイバル上ではすごい貴重なものとはわかるんだけど。

で、最終的にトト子ちゃんが勝ち取って、手にしたトイレットペーパーを見て絶望してる模様。
なぜかというと、そのトイレットペーパーは……
シングル。


正直な感想言っていい?
ここまで壮大な前振りがあったにも関わらず

……オチ弱いなあ…(小声)
まあ私がシングルとダブルどっちでもいい派だからってのもあるけど。
正直個人的にはツボりはしなかったけれど、まあでも、相変わらず見ていて楽しかったよなやっぱ。

PageTop

「おそ松さん」2期21話感想


オチ投げっぱ回やめろw



最初のピンポンのくだりはほんとに途中意味がわからなくて「?????」ってなりながら見てたんだけど、
「あっ、酔っぱらってたらくだらないことでもおもろくなる」っていうアレか!と見終わってからようやく理解した。
どうりであのネタのくだりがあんまり面白くないと思ったわけだ!(率直)


【BANANA】


何から書けばいいのか。
というか何を書けばいいのかわからないこの感じ。
最後の最後でぶん投げて全部こっちに任してくる感じ、嫌いじゃないけど見終わった後困惑するからやめてw
元ネタが最初わからなかったんだけど、皆のコメント見ていると某あの会社のテーマ曲みたいなのをパロってるらしい。
一松店長がどっかで見たことあるなーと思ったら、カラ彦とか面接回の社長に似てるな。
…というか、そもそも設定は違えど6つ子だから似てて当たり前か。
あと女の子版のみんながかわいい。じょし松も以前あったんだけど、それとはまた違ってかわいい。
最後にみんなで踊ってるとこ、なんか変な夢を見ているかのような気分に陥る……何だあれ?まるでフラッシュモブみたいな。
何がどうしてそうなったのか途中経過を教えてくれ!


【?「こういうの普通さ?実際施設に行って矯正されて帰ってくるけど、結局一日足らずでニートに戻ってしまうっていう、そういうパターンじゃないのーー!!」】


行かないんかい!
この施設に行ってからのあれそれでまるまる30分は話作れそうな感じなのをあえてやらないんかい。
さすがに1人だけ行かすのはあれだから3人行かすのでも良かったんじゃないか、と思いかけたけど、さすが松代さんでした……!
誰を行かせるかで結局決められずうだうだして、「かわいいもん!」とか「いいキャラしてるもん!」とか誉めだしたのが最高でした。
そんなお母さんの気持ちとは裏腹に、ニート続行を喜んでいる6つ子たち。
くっそこいつらw
あと十四松の触手はお母さんの遺伝だったんだね。


【次回予告】
RGとしま松

PageTop

「おそ松さん」2期20話感想


ぶっちゃけ、おそ松のクズさ加減だったらあのまま開き直るんじゃ、みたいなことも思ってしまったんだけど、ちゃんと自分の勘違いを恥じて「無実のあいつらに結構なことを!」って自分の発言に後悔してたし同情を見せるみんなにごめ゛ぇーん゛!!って号泣しながら謝ってたところとかめっちゃくちゃ尊いですよね。なんなんあれ。
おそ松に限らず、みんなどこかしら根っこの方ではピュアな面も持ってるからなんとも愛しくてたまらん。


【作画崩壊】


1期の面接回でもあったけど、噛みながらどっか行く十四松がめちゃくちゃ面白かったからまた見れて嬉しい。この十四松も、たぶんやめろと言われればやめる。
2期に入ってから全然チョロ松がツッコまなくなったけど、その影響がトド松にきてたか。
この話は意味わかんなすぎてめちゃくちゃ笑った。
あと、この変身(?)したトド松、横から見たらぺらっぺらだな。
このトド松もぜひへそのガチャで出してください。




あと20話でお気に入りなのは、「チャントシター」「スケルトン松」
チャントシターって言っても、1話のちゃんとしたやつじゃなくて通常6つ子のままのちゃんとしてないやつね。
ちゃんとしてないから、チャントシターもちゃんと発動しない(ちゃんとしたのゲシュタルト崩壊)
チャントシターのテーマ流しながらひたすら真顔でうろうろしてんのと、何かで固定されてるのか、ぐるんぐるん回されてるのにバランスボールの上で微動だにしないトド松が面白すぎた。はよ行けや。
スケルトン松は言わずもがな。
ここでは言えないので見てみてね。腹よじれるぐらい笑った、めちゃくちゃ頭おかしい回だったから


PageTop
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。