FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

「スギナミ討伐公務員」14話感想


戦闘の途中、突如伸綱くんへナカノ班からの救難信号が届く。
その直後、謎の仮面をつけた男が2人の前に現れる。まあこの人物は住吉さんの部下、蘭丸くんなんだけど。
様子を見に行こうとする悠真の足を、慌てて止めるコロッケ

「あいつ…すごくいやなにおいする…」

無意識に研究所っぽい匂いを感じ取ったのかな。
蘭丸くんとコロッケに面識があるかはわからないけど、もしかしたらどこか見覚えを感じた、とかかもしれないね。



貝殻を耳にあてるという謎の一服を終えた蘭丸くんは、突如悠真に斬りかかる。
咄嗟にハンマーで防ごうとするも、あっけなく折れてしまう。
同時に肩パーツが折れるほどの怪我を肩に負う悠真。
痛がってる悠真の表情、大変性癖d……

突然の攻撃者に伸綱くんが、慌てて悠真を庇おうとするが蘭丸くんの攻撃を受けてその場に倒れてしまう。
よく見たら蘭丸くん、パワードスーツとかじゃなくて身体から何か生やして攻撃してる?
腕切り落とされてた人も普通に復活してたし、住吉さんの研究所の人たち人間を軽く進化し過ぎだろ。
伸綱くんに気をとられてた悠真が、同じように蘭丸くんの刃のような攻撃に受けてしまう。
首に刃をたてた蘭丸くんが「ああ、倒しちゃいけなかったんだ。今消したらお前は“お気に入り”のまま消えることになるからな」と一旦手を引く。
ひええ…思いっきり刺さってたけど大丈夫なのかまじで……

そして、再び腕から刃を出したところで――、コロッケが動き出す。

「ゆーまをいじめるな!」

悠真を背にして、一生懸命手を広げて庇おうとするコロッケの姿。
ここの遠近感を出してる感じの描き方、めっちゃくちゃ好きです。
春原先生の指示かな、佐藤先生の提案かな。
「コロッケ!危ない隠れてろ!」の悠真が声をかけるも、コロッケは力を振り絞ってこう叫ぶ。

「ゆーまは、ママになってくれるんだ!」

「なんだそりゃ」
とコロッケを蹴り飛ばす蘭丸くん。
意味わかんないだろうなとは思ったが、お前―――――!!
コロッケに手を出したな、ママを怒らせたな、もう許さんぞお前。

突如鳴り響く救難信号の音。
それは悠真が鳴らしたものだった。

「救難信号鳴らしたのか……、しかし残念。ここは入り組んだナカノ異世界の奥深くだぜ?助けが来るのに10分はかかる。その間にオレの用事は済んじゃうよ」
「これは…二人を助けるための救難信号だ。お前は…」

そう言っておもむろにパワードスーツの腕あたりにあるスイッチを押す悠真。

「オレが倒す!」

優香カスタムにモードチェンジしたスーツを纏った悠真くんの登場!
なんだこれは!熱い!かっこいい!胸が震える!


スギナミ、もちろん今までもすごい好きで読んでたんだけど、この14話、最後の悠真のあの表情、あの展開で一気にズドンときた感じ。これは沼った。戦勇1章の最終話を見た時のような、あの気持ち。
悠真みたいな普段明るくて天真爛漫な子が、大事な人大事な存在を傷つけられてぶち切れた表情に変わるの、本当に好きなんです……めっちゃくちゃ興奮した。
来週からも本当に楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。