FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

さつてん11話


魔女裁判の判決により火あぶりの刑にされてしまうレイチェル。



「さあ、己が魔女だと告白するのだ。己の正体を吐き出し、神聖な炎の中神にその身を捧げよう!」
「……私は、魔女じゃない。私の知ってる神様はそんなことは言ってない。聖書にはそんなことは書かれてなかった」
「それは当然だ、レイチェル・ガードナー。——なぜなら、私が神だからだ!」

ゲーム初見時、「えっ……?」ってなってつい思わず笑ってしまったところ。
この人は急に何を言い出してんだ?って思ったけど、後々進めていくとこの言葉の意味もわかるんだよな。
つまりグレイはこの教会の神父様、もといこの施設の神様的存在ってことなんだよな。



神様がいない?どうして……?そんなの嫌だ!
あの神父は自分が神様だと言った。
……違う。私は、あの神父じゃだめなんだ。
私との約束を守ってくれるのは、ザックがいいのに……!

燃え盛る熱い炎の中、レイチェルはふと自分の手の中にある冷たいものに気付く。

熱い……熱くて、でも…冷たい……。
……これは、何?


ふと真っ白な空間のような意識の中で、レイチェルはザックのような後ろ姿を見つける。

……大切な。大切な、もの。
私が傷付けて、だめにして。
でも私を、ずっとずっと、助けてくれたもの。

再び、炎の空間の中で目覚めると、気が付けば十字架から落ちていて、手にはザックのナイフが握られていた。
レイチェルは、その冷たいナイフにそっと指を這わせて……、


「——なんだ。神様は、ここにいるじゃない」


そう呟いた途端、炎の空間は、元にいた教会に戻されていた。

「……なぜ、目覚めた?」
「このフロアのおかしなことは、全て幻覚。“私の神様”が目を覚まさせてくれた」

魔女を浄化できなかったのだな、と息をつくグレイにもう一度はっきりと否定する。

「契約なんてしていない。誓いがあったの。それは、私の神様からの誓いよ」
「……そうか。君という魔女は、そう考えることを選んでしまったのか」

それが間違いであろうと、嘘で塗り固められたものであろうと、構わないのだな?
そう言うグレイの問いにも揺るがないレイチェルに、グレイはとうとう薬がある部屋まで案内する。
薬を手に入れると、レイチェルは急いでザックのいるところへ。
幸いにもザックは無事で、眠っているだけのようだった。
薬を塗っている途中、ザックは目を覚ます。
ザックがこの薬はどうしたのかと聞くと、神父にもらったものだと説明する。
ああ、あいつか……とやはりあの神父のことを知っている様子のザック。
そして薬での治療を終えた後、針と糸でザックのお腹を縫うレイチェル。
赤い糸でお腹を縫うシーン、一見おかしな光景に見えるんだけど、なんだか綺麗っていうか、繊細なもののように見えるんだよな。

途中で治療を終えたレイチェルが眠っちゃってザックが「しょうがねえな。少し、休むか」って息をつくシーンはほっこりした。



そうして上を行くエレベーターを見つけ、それに乗り込む。次はいよいよB1のフロアへ。

ザックのこと、昔のことなどを色々話しつつ、レイチェルは改めてあの誓いについて再び確認をする。
ザックの返答もいつもと変わらないものだった。しかし……。

「言っとくけど、オレの言葉に何一つ嘘なんかねえぞ」
「嘘、か……」

その言葉を聞いた途端、レイチェルの脳裏に再びB3で蘇った映像が映り込む。
夫婦のような男女の姿。男が女を組み敷き、刃物を突きつける光景。

「ザック。あのね……実は、……私、」

しかし、言葉はそれ以上続かず、結局ごまかしてしまう。

——言えない。やっぱり、言えない。

『オレは、噓が嫌いなんだ』

いつだかB5フロアでザックはこう言っていた。
昔、自分におべっかを使って生き延びようとした女がいて、結局捕まえたということを。
そして、B3フロアで薬により理性を失った後もザックは変わらず噓が嫌いだと言っていた。

『神というものは、嘘をつくものや穢れたものが嫌いなのだ』

そして、薬を手に入れた後、グレイに言われた言葉。

ザックは嘘つきが嫌いで、神様は穢れたものがお嫌いだから。
私の手が穢れていて、ずっとそれを隠していたことがわかったら、きっと私のことを嫌いになる。
ザックには本当のこと、もう言えない……。
そう俯くレイチェルに、容赦なく現実は降りかかってくる。

エレベーターを出ると、そこはどこかの家のような場所。
床には血の痕。

……ああ、どうしよう。ここだったんだ。
私は、ここにいたんだ。


ザックはゆっくりと奥の部屋に続くドアを見つけ、そこへ近づいていく。

ザック……待って、だめ、行かないで……!

——その部屋を見ないで!


最後のシーン、原作でもお気に入りのシーンだったんだけど、アニメで見るとより一層鳥肌がやばかった。
確か、漫画版でも同じぐらいのとこやってたよね。楽しみ!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。