FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

さつてん8話感想


B3では遠隔操作によってすがりついてくる罪人たちを容赦なく撃ちつけるレイチェル。
B4フロアの試練でも同様に、レイチェルにすがりついてくる手の亡霊みたいなものも、顔色一つ変えることなく踏みつぶして先へと進んでいく。

「哀れな子羊か。それとも悪魔か——」

そんな様子を眺めながら、グレイは意味深な言葉を呟く。

それとは別に、それぞれのフロアの主もそこに現れて、レイチェルに思いの思いのままに言葉を告げていく。
前回言い忘れてたけど、これらの姿もグレイが作った甘い香りによる幻みたいなものなんだよね?





「レイチェル、あなたって酷いことするわねえ。痛み、苦しみに嘆く者に対して、“邪魔”の一言で簡単に切り捨て……ザックに約束を守ってもらうためなら、どんな手段でも選ばないのね?」
「見ちゃったよレイチェル、君が泣き叫ぶたくさんの手を見下して踏みつけたところ!ひどいよ、ひどいよ。ねえ悲しい叫び声を聞いても、レイチェルは何も感じないの?……レイチェルは自分のことしか考えないんだね」

キャシーやエディにこういう言葉をかけられても、レイチェルは一度驚愕したような表情を浮かべるものの、再び顔色を変えることなく先へ進み扉を開けるスイッチに向かう。
スイッチを押した後、グレイの「スイッチを押す時に、邪魔をしてきたものはなかったか?」という問いかけに、レイチェルはB3やB4フロアで見たもの、そこでやったことをそのままグレイに伝える。
B3のフロアでは「全部撃った」B4のフロアでは「踏みつぶした」とだけ。

「それらは、泣き叫んではいなかったかね?」
「……いいえ」
「なぜそう言える?」
「だって……あれはぬいぐるみ」
「君には間違いなくそう見えていたのだな?」



B4の動く手は、レイチェルにとってはぬいぐるみという無機物でしかなかったという。
レイチェルの言葉や彼女の様子に何かを考えこんでいる様子のグレイだったが、そのままB5のフロアへ。
ダニー先生のフロアに辿り着いたレイチェルは、フロア内のあちこちを探し回るが、どこにも薬はなかった。
薬がなくなっていた理由をグレイに尋ねてみるも、その理由は把握していないという。

「原因は君ではないか?レイチェル・ガードナー。この全ての不幸な出来事を、己が作り出したというように考えたりしないのか?」

焦るレイチェルに、グレイはふと不可解な言葉を投げかける。
その意味とは一体——?



そして、ザックの過去編再び。
これ、もしかしてジーンの最新話であった話じゃないですか?(雑誌まだ読めてない勢)
ツイッターでちらっと見かけてたけど、もうアニメになってたりするのか!
って思ったけど、調べてみたら小説版の方であった話なんだね。
小説から漫画へアニメへといった具合に、どんどん話が繋がっていくというか掘り下げられてる感じ?なんかいいなあ。

あの施設を出た後、通りがかった女性から奪った車で眠っていたザックに声をかけてきたおじいさん。
ザックにパンを食べさせてやり、この家に好きなだけいてもいいというおじいさん。
何でこんなことするんだというザックの問いに、ただ「さびしいんだよ」とだけ答える。
その言葉の通り、おじいさんに色々良くしてもらうザック。
ただ、ザックの胸の中にはぞわぞわした言いようのない、とある衝動が未だ渦巻いたままだった。
これなら……とナイフを手にし、おじいさんが寝ているところに近づいてみるものの、結局何もせずに戻る。
そんなある日、おじいさんが買い物のため数日家を空けることに。
書き置きもあったが、字がわからないザックには読めず……とうとうある衝動が抑えきれなくなったザックは、再び町に出かけることに。
人だかりを見つけ、そこに進んでみると、そこにはおじいさんらしき遺体が……。
そこから離れたところでは、若い男と女が二人、おじいさんの財布と思わしきものを見ながらケタケタと笑っていた。
そこに——。

「……楽しそうだな」



ナイフを手にしたザックが、若者に近寄る。

——こういう楽しそうな連中がいるから、化け物が……

その衝動のまま、容赦なく若者に襲い掛かるザック。
こういうへらへらした楽しそうな奴らをぶっ壊して、絶望させてやりてえ!
自分の中にあった衝動の正体に、ザックが初めて気づいた瞬間だった。


ザックがあの若者を攻撃したのが、
「おじいさんに手を出されたから」ではなく、「嬉しそう、楽しそうな顔をしていたから」っていうのがね……今までの境遇が境遇とはいえ、その時点で既に歪んでしまったのかあ…という物悲しさ。
でも、ザックを助けてくれたおじいさんには攻撃しようとしなかったこと、おじいさんの笑顔を見ても“そういう衝動”が生まれなかったことは、やっぱり前者のような気持ちもほんの少し、含まれていたんじゃないかなって思ってもいいのかな……?
ザックのおじいさんに対する呼び方が(心の中とかで)「じじい」から「じいさん」に変わってるのも私的にポイントです。

そして、もう一度現在時間のパートへ。
眠るザックに忍び寄る一人の人影。

「ああ。生きてるんだね」



まさかのダニー先生。
お前も生きてたんかい!(原作を知ってる人)
次回はダニー先生とザックの対決が見れる!わくわくすっぞ。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。