FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

「スギナミ討伐公務員」9話感想




前回コロッケと家族になれた日の翌日。
攻略課では班長のひるみさんにコロッケのことを相談するか否か悩んでいる代永さんがいた。重要機密を知る人が増えるのはやはり良くないか……?今日こそ悠真としっかり相談しようと悶々と考え込んでいるところへ。
「おはようございまーす!」と堂々とコロッケの手を引いて、出勤する悠真の姿。

普通に連れて来てりゅぅ―――!!
の時の代永さんの顔、春原先生の元絵が頭に容易く思い浮かびますw
そしてコロッケ(食べる方)を食べてるコロッケの顔があんまりかわいくないw


一方、住吉さんの会社では、蘭丸という彼の部下に「いいんですか?あんなガキに実験体預けて……」と問いかけられていた。
重要機密が外に漏れることを危惧している様子に、「私が間違ったと?」と冷たい表情で聞き返す住吉さん。
ここで怯むかと思いきや、ゾクゾクしながら恍惚の表情を浮かべてる蘭丸くん……あ、この人あかんやつのパターンだ。
かと思いきや、6話で出てきたもう一人の部下が重要機密を連れて堂々と外を歩いてました!と報告した後、秒で「間違えた……?」みたいな表情をしてたのが面白かった。

そうしてその足で悠真たちがいる攻略課まで足を運ぶ住吉さんと蘭丸くん。
コロッケを世間に重要機密だと気付かれないように、どうごまかそうかと相談していたところへ、住吉さんが「攻略課サポート01」という攻略課の職員を高性能AIでサポートするナビロボだという設定を提案する。

「悠真くんに預けるなら私生活だけでなく異世界に連れて行って、そこでの行動記録もほしいなあ、と」

こういう言い分で、悠真がコロッケを外に連れ出すことを許可する住吉さん。
その様子を「住吉さんに気に入られやがって……」といった様子で睨みつける蘭丸くん。

「そうだ。悠真くんはまだ正式採用じゃないんだっけね」

用件を伝え帰ろうとしていた矢先、そう足を止める住吉さんは「コロッケは攻略課の備品なんだから、キミが不採用なら没収だ。こちらで処分する」と付け加える。

「私の手心は無しだよ。採用試験に落ちるような人間に興味はない」

この言葉を聞いて、目の色を変える蘭丸くん。


その後、どこかの海で立ち尽くす蘭丸くん。

「海に来ると心が落ち着くんだ」
「けどダメだった。顔のニヤニヤがおさまらない。『採用試験に落ちるやつに興味はない』か」

「住吉さんの一番のお気に入りはオレだぜ、結凪悠真」

そう言いながら、たまたまその場にいた柄の悪い連中を切りつける蘭丸くん。
八つ当たりやないか。

なんかヤバそうな新キャラ登場。

この口ぶりからして、絶対悠真の試験に関わってくるんだろうなー。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。