FC2ブログ
 

気ままに好きでいませんか

ニュータイプ8月号「さつてん特集」感想





テーマは“約束”



主演でもあるレイチェル役の千菅春香さんと、ザック役の岡本信彦さん
役作りの一環というものもあると思うけど、やっぱり声優さんが原作ゲームをプレイしたり見ていたりするのってすごく嬉しいことだなあ。
千菅さんは4コマ漫画である「さつてん!」も知っているみたいで、原作を気に入ってくださってるのかな、と本当にうれしみ
そして声優さんからもかわいいと言われるザック。
感情移入が難しいと言われてるレイチェルと違って、ザックはわかりやすくて良い意味でも悪い意味でも裏表なさそうだしな。
岡本さんなりの原作でのザックの笑い声の再現も、とても好きです。
この記事を読んで改めて気付いたけど、ザックの笑い声って電子音だったなそういや。

そしてダニー役の櫻井孝宏さん
櫻井さんにもやっぱり、レイチェルとの会話が噛み合ってないって思われてることがちょっと面白かった。
とにかく目のことしか見えてない状態
そして、ダニーはレイチェル自身に執着してるわけじゃなくて、おそらく自分の望んだ“目”にしか執着してないと思うからね。
アニメで実際に声として聞くと、レイチェルの言葉をほとんど聞いてない状態がよりはっきり見えて、それがより面白かった記憶がある。
放送前から既に気になってた「僕の瞳はアレキサンドライト」だけど、
やっぱり入念にアフレコしたらしいのか。
櫻井さんこの言葉について「どういう意味なんですか?」とかアフレコ現場で聞いたりしたのかな?……と色々想像してしまう

あ、あと、声優さんと後半の展開について話してるということは、アフレコ自体はそこまで進んでるということなのか。
どこらへんのことだろう……?櫻井さんが知らないということは、ビルから脱出する前にダニーに会っちゃうところよりも前のシーンかな?
今後もどうアニメで再現されるのかが楽しみ!



原作者の真田まことさんやプロデューサーの方とかが、二人とも「アニメ化には向いてなさそう」って言ってたのが驚きでした。
ストーリーはがっつりあるし、見ているこちらは放送される前から全然アニメ化にしても違和感なさそうって思ってたけど、
やっぱり探索パートの再現方法が難しいってことなのかな?
それでも、既に2話まで放送されてるけど、原作のおそらく探索パートかな?と思うところも自然に作り込まれてて、あの時はすげーってただただ思ってたけど、こういう大変な裏事情もあってのあの再現度だったんだなあ。
アニメに出てたフロアや背景は、原作者さんに聞き込んで、本来原作ゲームに出したかったところを忠実に再現したって話はすっごく愛に溢れてるなあと思いました。



OP曲とED曲に関わっているサウンドクリエイターの方々も、有名な方なので何から何まで豪華だなあ…という感想。
OP曲を制作したじんさんはカゲプロの時からめちゃくちゃ知っている人なので本当にびっくりした記憶がある。
ていうか、実際にPVを見るまでは完全に同名の、誰か別のじんさんだと思ってた。
二つの曲も、話の内容に携わったワードを捉えた曲ですごくいいな。
じんさん作詞作曲の「Vital」という曲は、「生命の信号」や「鼓動」という意味が込められてるらしくて、
DECO*27さん作詞作曲の「Pray」という曲は、レイチェルがザックに向けた心情を表した歌らしくて、それを知った上でもう一度曲を聞いてみるとなるほどな、という気持ちになります。
なんていうか、OP曲がザックの心情を表してて、ED曲をレイチェルの心情を表してるのがとてもいい(語彙)


3話以降の放送でも色々なキャラが出ると思うけど、その後とかにもそのキャラの声優さんとか他の制作人の方々のインタビューとかも今後読めたりするのかな。
期待大ですー

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
【プライバシーポリシー】 ▼当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 ▼当サイトが使用しているアクセス解析について 当サイトでは、FC2によるアクセス解析ツール「FC2アクセス解析」を利用しています。 このツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。